通信制高校とサポート校の違いを学ぶ

職業体験などの特別授業が受けられる場合もあります

トラブルなどが原因で働きながら高校に通う事になってしまい、どこの学校を選んでも時間的な余裕が持てないと悩んでいる方々におすすめなのが、年間の費用が安い通信制高校です。
公立の場合は世帯収入によっては10万円から30万円ほどの費用で、3年間通い続けられるほど費用が安いと言われています。
私立の場合は学習内容やカウンセラーの有無で費用が大きく変化して、年間で30万円から90万円ほどの費用を支払う必要があると考えてください。
高校就学支援金の有無によっても自己負担金が大きく変わるので、まずは学校側に問い合わせをする事が重要です。
定時制高校とは違って自宅にいながら勉強ができるので、仕事をしながら高校を卒業したいと考えている人にとって最適な高校だと言えます。
月に2回から10回ほどのスクーリングや、レポート提出や試験などもあるのですが、大半の時間を自由に使えるところが魅力です。
スクーリングは面接授業とも呼ばれていて、学校やスクーリング会場まで足を運んで、先生から直接的に指導を受ける事を指します。
学校によってスクーリングの頻度にも違いがあるので、入学申請を出す前に学習制度の違いを確認しておく事を推奨します。
通信制高校の中にはサポート校と呼ばれている学校もあるのですが、法律的にも全く違うものですから、制度の違いなどは最初にチェックしてください。
サポート校は塾に近いもので、3年間の授業を受けても高校卒業資格を得る事ができないので、卒業資格の取得を目指している人は注意が必要です。
専門学校や予備校などの学校法人が運営している事が多く、職業体験などの特別授業が受けられる場合もあります。
一部の業種に特化した進学コースなども用意されていて、専門的な知識を得たい時にも便利です。

勉強垢始めました!
🌼通信制高校1年生
🌼国公立大学志望
🌼得意…国語 苦手…数学
🌼勉強垢フォロバ100%
モチベ上げるために始めました!
よろしくお願いします!#勉強垢さんと繋がりたい #勉強垢さんでいいねした人全員フォロー #勉強垢

— はる (@haru1201_study) February 23, 2020

職業体験などの特別授業が受けられる場合もあります授業で学んだ事を復習するためにサポート校を活用している人も珍しくない指導内容の違いなどを中心にチェックする事をおすすめします